2017年06月03日

ミヤギテレビ杯新人大会1日目

ミヤギテレビ杯新人大会県大会に今年も出場することが出来ました。
5年生が5人という中身ですが、4年生や3年生が頑張ってくれての出場です。

やはりそこそこ勝てるチームはゴールキーパーの存在感があるチームだと思います。
歴代の大野田SSSを見ても、ゴールキーパーの存在感のある時代はそこそこ勝っていました。

新人チームのゴールキーパーは腕前はこれからですが、ゴールキーパーを好きでやっています。
ここがミソです。

好きであれば、技術や度胸はあとからついてきます。
たまにはとっ散らかることもありますがそこは経験を積むしかありません。
そのうちふてぶてしいキーパーになってきます。

さて1日目の第1試合は、ご近所の古城さんでした。
私はチームに対して「初戦だから」とか「1試合目だから気合を入れていけ」とか言いません。
今日は作戦ボードもあえて使いませんでした。
コーチ側の「勝ってくれ!勝つんだ!」というオーラを見せないためです。
子どもたちが勝とうとしない試合をコーチがケツを叩いてもしょうがないので。

古城さんに先制することが出来ましたが、油断しているうちに失点し、どんどん追いつかれて並ばれてしまいました。
あきらかに実力は古城さんが上なので、硬いうちに試合が終わればよかったのですが、ほぐれてきてしまいました。

ひろった勝ち点1です。

次は石巻FCさんです。

素晴らしいパスワークとスピードを前になすすべもなく失点していくわがチーム。
失点のタイムを記録するのも忙しいほど。

作戦を持たない大野田は、ハーフタイムに子どもたちに考えさせました。
何番と何番にやられている?マークしているのは誰?

するとポジション変更の案がいろいろと出てきました。
作戦ボード無しなので、3−3−1なのか4−2−1なのかよくわからない布陣です。
きっと応援団は???だったでしょうね。

石巻FCさんから学んだものは「ワンツー」です。
ワンツーを連続してボールを相手ゴール前に運ぶ技術は、ぜひ大野田もものにしたいですね。
大野田は最終ラインの突破にワンツーを使うことはあっても最終ラインからのビルドアップには使えていません。

長いボールを放り込むのではなくワンツーを転がしていくサッカーは体格に恵まれない大野田のひとつの目標といえるかも知れません。

明日も強豪と戦います。
学ぶことがたくさんあります。楽しみです。

古城戦
2017-06-03hurujiro.jpg


石巻戦 トスでエンドをとるキーパーキャプテン

2017-06-03 12.44.38 (2).jpg


オンダーファイ!  円陣の声だけは歴代でも有数の出来。聞いてて気持ちがいい!
2017-06-03 12.45.07 (2).jpg
posted by カンリニン at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果

2017年05月08日

GWの練習で何をつかんだかな

GWの3日から7日は任意参加の練習でした。

普段の練習でたっぷり時間を取れないようなメニューで練習しました。
自分が出来ることと出来ない事が分かることがスタートライン。
出来ないことを出来るようにするのが練習です。

Sコーチがある選手のトラップを良くしたいといろいろ工夫してくれました。
動きながらのトラップが出来るようにするため、トラップでボールをしっかり止めることにこだわりました。

私たちコーチはトラップの時に足のインサイドの面でボールをとらえるよう指導する事がお約束です。
私も何百回「面」でとらえようとコーチングしたことか。

面でとらえると何がよいのか?
ボールの挙動が安定するので次のプレーがし易いのです。
パス出しとかドリブルとか。

特に止めてから蹴るスピードは速ければ速いほどいい、ならダイレクトはもっといいか?
ワントラとダイレクトを使い分けるところにミソがあります。

日本で一番止めてから蹴るまでの速さを追求する指導者は風間八宏氏でしょう。
指導者になってから全然ぶれていません。

こんな記事を見つけました。
意外と面トラを指導している指導者も知らずにやってたりして。

ボールという物の扱いについて考えさせられます。


posted by カンリニン at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルから

2017年05月05日

ボールは怖いか?ボールは痛いか?

サッカーはボールを蹴ってゴールを攻めます。
ヘディングシュートで決めることもあれば、ヘディングでクリアーすることもあります。

相手より先に、より高い位置でボールに触るためにはヘディングは必要な技術です。
背が小さくてもタイミングよくジャンプすれば先にヘディングできます。

小学生のサッカーでヘディングの出番と言えば、コーナーキックの競り合いと、キーパーからのパントキックの競り合いです。

特にキーパーからのパントキックは最も飛距離が出て高くあがります。このボールをヘディングで跳ね返さなければ、相手チームがボールを拾い、シュートを打たれてしまいます。

このヘディングですが、怖い痛いという経験があるとなかなか成功しないものです。逆に低学年でも成功体験があると得意になるものです。

おっかなびっくりヘディングすると余計に痛く感じますし、おでこにヒットしません。目の近くでヘディングすることがおでこでのヒットのコツでギリギリまで目を開けていることもコツです。

また、落下地点を読んで、落下地点より前に行かないで構えることもポイントです。意外とボールは伸びるので落下地点よりも前に行ってしまい、ボールは頭のはるかうえを超えてしまうことも失敗例としてよくあることです。

逃げてばかりいると絶対に身につかないヘディングは勇気が必要です。ヘディングのクリアーが出来ないとヘディングシュートももちろんできません。

ボールが怖い、痛い、落下地点が読めない。このままですと、空間認識という能力も身につきません。つまり、手でキャッチすることもできなくなるということです。
手でキャッチすることも練習としては悪くないですが、頭でとらえる事が目的なのでやはり頭で跳ね返す練習が必要です。
側頭部に当てたりしてごまかすことなく、キッチリおでこでとらえることが出来れば仲間から尊敬される選手になれます。

空高く飛んでくるボール。中身はただの空気。目を開いて口を結んでバチーンとはね返そう!
posted by カンリニン at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルから
スポンサーリンク