2017年05月05日

ボールは怖いか?ボールは痛いか?

サッカーはボールを蹴ってゴールを攻めます。
ヘディングシュートで決めることもあれば、ヘディングでクリアーすることもあります。

相手より先に、より高い位置でボールに触るためにはヘディングは必要な技術です。
背が小さくてもタイミングよくジャンプすれば先にヘディングできます。

小学生のサッカーでヘディングの出番と言えば、コーナーキックの競り合いと、キーパーからのパントキックの競り合いです。

特にキーパーからのパントキックは最も飛距離が出て高くあがります。このボールをヘディングで跳ね返さなければ、相手チームがボールを拾い、シュートを打たれてしまいます。

このヘディングですが、怖い痛いという経験があるとなかなか成功しないものです。逆に低学年でも成功体験があると得意になるものです。

おっかなびっくりヘディングすると余計に痛く感じますし、おでこにヒットしません。目の近くでヘディングすることがおでこでのヒットのコツでギリギリまで目を開けていることもコツです。

また、落下地点を読んで、落下地点より前に行かないで構えることもポイントです。意外とボールは伸びるので落下地点よりも前に行ってしまい、ボールは頭のはるかうえを超えてしまうことも失敗例としてよくあることです。

逃げてばかりいると絶対に身につかないヘディングは勇気が必要です。ヘディングのクリアーが出来ないとヘディングシュートももちろんできません。

ボールが怖い、痛い、落下地点が読めない。このままですと、空間認識という能力も身につきません。つまり、手でキャッチすることもできなくなるということです。
手でキャッチすることも練習としては悪くないですが、頭でとらえる事が目的なのでやはり頭で跳ね返す練習が必要です。
側頭部に当てたりしてごまかすことなく、キッチリおでこでとらえることが出来れば仲間から尊敬される選手になれます。

空高く飛んでくるボール。中身はただの空気。目を開いて口を結んでバチーンとはね返そう!
posted by カンリニン at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179653541
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク