2017年05月08日

GWの練習で何をつかんだかな

GWの3日から7日は任意参加の練習でした。

普段の練習でたっぷり時間を取れないようなメニューで練習しました。
自分が出来ることと出来ない事が分かることがスタートライン。
出来ないことを出来るようにするのが練習です。

Sコーチがある選手のトラップを良くしたいといろいろ工夫してくれました。
動きながらのトラップが出来るようにするため、トラップでボールをしっかり止めることにこだわりました。

私たちコーチはトラップの時に足のインサイドの面でボールをとらえるよう指導する事がお約束です。
私も何百回「面」でとらえようとコーチングしたことか。

面でとらえると何がよいのか?
ボールの挙動が安定するので次のプレーがし易いのです。
パス出しとかドリブルとか。

特に止めてから蹴るスピードは速ければ速いほどいい、ならダイレクトはもっといいか?
ワントラとダイレクトを使い分けるところにミソがあります。

日本で一番止めてから蹴るまでの速さを追求する指導者は風間八宏氏でしょう。
指導者になってから全然ぶれていません。

こんな記事を見つけました。
意外と面トラを指導している指導者も知らずにやってたりして。

ボールという物の扱いについて考えさせられます。


posted by カンリニン at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179682552
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク