2019年04月14日

2019年がスタート!新人大会予選から始まるこの1年

前回の記事から1年たってしまいました。
この1年もいろいろな事があったのですが、無事、卒団式を終えて
立派な選手を4人、送り出すことが出来ました。

さて、新年度のスタートは、ここ数年は新人大会から、という恒例になっています。

今年の新人、つまり、5年生は11人。
1年生の時にドーンと入団してくれた子たちがほとんど残っています。

まあ、大野田純正というか、大野田プロパーという子供たちですね。

3年生なのに5年生の県大会に出場してきた選手も数人いて
上級生のなかで揉まれて育ってきた子もいます。

おかげで、県トレに選ばれる選手も現れました。

管理人は思うんですが、小学生のサッカーは土台作りが大切です。
二等辺三角形の底辺が長く、大きければ、頂点を高くしても安定します。

底辺を大きくするために必要なことは、メンタルやマインドなど
「心や気持ち」の部分を大きくすることです。

話を聞く姿勢を注意することがありますが、サッカーへの取り組み姿勢が
サッカーのプレーを左右すると思います。

この学年の子供たちに向かって話をすると、視線が痛いと感じることが
あります。

コーチの目を見て聞く。
こんなシンプルなことが定着してきたことが嬉しいです。

さて、新人大会予選が始まりました。

実戦経験が豊富、体力があるけど細かい技術はこれからという選手たち。

昨日(2019年4月13日)の試合では、相手の技術を上回る力強さで勝つことが出来ました。

しかし、試合のあとに選手たちに伝えたことは

「1年後、このままだと、たぶん負けてしまうだろう。パワーやスピード頼みで試合をしていても
相手チームも成長して、すぐ追いついてくるものだ。
 その時、大野田は細かい技術、テクニックを身に着けておかないと、今日の逆になる」

小学生年代は、身体能力の差が大きいので、そこに頼っていると、半年後には逆転現象が起きてしまいます。
中学に進学して、お土産(スキルや判断力など)をもたせることが出来ません。

だからこそ、こまかい技術を見直したいと考えています。
練習ではフィジカルトレーニングに力を入れているように見えますが

技は力の中にある

つまり、基礎体力があってこその技術だということです。テクニックがあっても体力がなければ通用しない。
ということです。

もうひとつ話をしました。

それは選手同士のコミュニケーションがとてもよいということです。

試合中におしゃべりをしなさい、お互いに話をしなさないと言うことがあります。

この学年にはそれが定着しているので、自然におしゃべりが生まれます。

内容が正しいか間違っているか、どっちでもいいです。
それは自分で判断出来るようになります。

ということで、この5年生を軸に、下に続く4年生、3年生も頑張って欲しいですし
この5年生たちが手本とする6年生は、テクニックをさらに磨いて欲しい。

そう考えています。

では、応援をよろしくお願いします。
posted by カンリニン at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185857466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック