2019年06月09日

2019新人大会県大会を振り返る

昨日、2019年6月8日、新人大会県大会1次リーグ3日目が終わりました。

ここ数年は1次リーグ敗退です。
4年前に決勝トーナメントに進むことが出来ました。

ブロック予選が4月から始まり、グループ1位となりました。
太白ブロックでの順位決定戦は仙台中田に敗れて2位。

それでも2位で県大会に臨んだので、抽選会ではシードになりました。
しかし、他ブロックは2位、3位でもレベルが違います。

県大会の3日間は、石巻の上釜ふれあい広場で初日1勝1分。
2日目は会場を松島フットボールセンターに移し、1勝1敗。
3日目はその1週間後。雨の松島でまず1勝。
最終戦を引き分け以上で決勝トーナメント進出だったのですが、敗退しました。

子どもたちは成長したか

今回のチームは全員が5年生です。
4年前のチーム以来のフルメンバーです。

一昨年、去年は5年生が少なく、4年生以下の頑張りで闘っていました。
一昨年、3年生で出場していた子たちが、今回は5年生として出場です。

大きく成長しました。

しかし、大野田の悩みは攻撃力です。
フォワード作りにはちょっと時間が足りませんでした。
いいところまで行ったのですが。

まだまだ狭いぞ

松島FBCはスタンドがあるので、ゴール裏から観戦できました。

広いピッチを狭く使う大野田。もっと広く使えば楽に戦えるぞ。
スペースを使っていこう!

しかし、スペースを使うためのワザが不足しています。

コーナーフラッグに向けてパスを出すだけではダメ。
サイドチェンジで揺さぶることが少年サッカーでは効果的です。

このチームはサイド攻撃からのシュートに持ち味があるので
サイドでフリーで持つと何かが起きます。

最終戦。そのような持ち味を活かすことなく、失点の度に
パスは縦方向に向かい、相手ディフェンスに奪われました。

伸びしろがたくさん

この悔しさをバネにしよう。
どうやってバネにするのか。

基本をもう一度見直そう。

当たり前にやっているプレーを見直そう。

その体の向きでいいのか、サポートは?カバーは?

ひとりでも仕掛けられるスキルが欲しい。

1年後に向けて足もとを固めていこう!




タグ:新人大会
posted by カンリニン at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186114466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック