2010年09月16日

くまがい杯3年生大会太白ブロック予選

キッズのサッカー大会では、最初の大会になる「くまがい杯」
3年生以下の大会です。

選手も保護者もはじめて「県大会」を意識する大会なので、応援にも気合が入ります。

大野田小学校を会場にして8人制による大会が行なわれました。

グループダントツはアバンツァーレ仙台SCでした。ドリブルから逆サイドへのパスで得点を重ねていきました。

3年生以下といえど4年生並の体格の子や、大野田SSSのように主力が2年生というチームがあります。

3nennsei201001.jpg

団子サッカーになるのが通例です。

子どもたちは自分とボールの関係にいっぱいいっぱいで、味方のボールも奪ってドリブルしようとする子も。

ボールに触りたくてしょうがない子どもたち。

これが、4年生、5年生、6年生になって行くと、ボールが自分のところに来ると慌ててしまうというプレーが見られるようになります。

3nennsei201002.jpg

ボールに触りたくてしょうがない。そういう気持ちをずっと持ち続けてほしいと思います。

大野田SSSは2年生主体ですが、ドリブラー職人、デフェンス職人がいて、それぞれ個性を出していました。

来年の3年生大会や4年生大会が楽しみです。
アバン、太白・人来田が代表決定戦に進みました。

会場設営には、保護者の方々が手伝ってくれました。駐車場整理や、ゴール移動、ライン引き、終了後の清掃などなど。

子どもの大好きなサッカーのためにお父さん、お母さんが手伝ってくれるので、もっともっと練習して恩返ししてくださいね。
posted by カンリニン at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40753014
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック