2019年06月09日

2019新人大会県大会を振り返る

昨日、2019年6月8日、新人大会県大会1次リーグ3日目が終わりました。

ここ数年は1次リーグ敗退です。
4年前に決勝トーナメントに進むことが出来ました。

ブロック予選が4月から始まり、グループ1位となりました。
太白ブロックでの順位決定戦は仙台中田に敗れて2位。

それでも2位で県大会に臨んだので、抽選会ではシードになりました。
しかし、他ブロックは2位、3位でもレベルが違います。

県大会の3日間は、石巻の上釜ふれあい広場で初日1勝1分。
2日目は会場を松島フットボールセンターに移し、1勝1敗。
3日目はその1週間後。雨の松島でまず1勝。
最終戦を引き分け以上で決勝トーナメント進出だったのですが、敗退しました。

子どもたちは成長したか

今回のチームは全員が5年生です。
4年前のチーム以来のフルメンバーです。

一昨年、去年は5年生が少なく、4年生以下の頑張りで闘っていました。
一昨年、3年生で出場していた子たちが、今回は5年生として出場です。

大きく成長しました。

しかし、大野田の悩みは攻撃力です。
フォワード作りにはちょっと時間が足りませんでした。
いいところまで行ったのですが。

まだまだ狭いぞ

松島FBCはスタンドがあるので、ゴール裏から観戦できました。

広いピッチを狭く使う大野田。もっと広く使えば楽に戦えるぞ。
スペースを使っていこう!

しかし、スペースを使うためのワザが不足しています。

コーナーフラッグに向けてパスを出すだけではダメ。
サイドチェンジで揺さぶることが少年サッカーでは効果的です。

このチームはサイド攻撃からのシュートに持ち味があるので
サイドでフリーで持つと何かが起きます。

最終戦。そのような持ち味を活かすことなく、失点の度に
パスは縦方向に向かい、相手ディフェンスに奪われました。

伸びしろがたくさん

この悔しさをバネにしよう。
どうやってバネにするのか。

基本をもう一度見直そう。

当たり前にやっているプレーを見直そう。

その体の向きでいいのか、サポートは?カバーは?

ひとりでも仕掛けられるスキルが欲しい。

1年後に向けて足もとを固めていこう!




タグ:新人大会
posted by カンリニン at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果

2017年06月03日

ミヤギテレビ杯新人大会1日目

ミヤギテレビ杯新人大会県大会に今年も出場することが出来ました。
5年生が5人という中身ですが、4年生や3年生が頑張ってくれての出場です。

やはりそこそこ勝てるチームはゴールキーパーの存在感があるチームだと思います。
歴代の大野田SSSを見ても、ゴールキーパーの存在感のある時代はそこそこ勝っていました。

新人チームのゴールキーパーは腕前はこれからですが、ゴールキーパーを好きでやっています。
ここがミソです。

好きであれば、技術や度胸はあとからついてきます。
たまにはとっ散らかることもありますがそこは経験を積むしかありません。
そのうちふてぶてしいキーパーになってきます。

さて1日目の第1試合は、ご近所の古城さんでした。
私はチームに対して「初戦だから」とか「1試合目だから気合を入れていけ」とか言いません。
今日は作戦ボードもあえて使いませんでした。
コーチ側の「勝ってくれ!勝つんだ!」というオーラを見せないためです。
子どもたちが勝とうとしない試合をコーチがケツを叩いてもしょうがないので。

古城さんに先制することが出来ましたが、油断しているうちに失点し、どんどん追いつかれて並ばれてしまいました。
あきらかに実力は古城さんが上なので、硬いうちに試合が終わればよかったのですが、ほぐれてきてしまいました。

ひろった勝ち点1です。

次は石巻FCさんです。

素晴らしいパスワークとスピードを前になすすべもなく失点していくわがチーム。
失点のタイムを記録するのも忙しいほど。

作戦を持たない大野田は、ハーフタイムに子どもたちに考えさせました。
何番と何番にやられている?マークしているのは誰?

するとポジション変更の案がいろいろと出てきました。
作戦ボード無しなので、3−3−1なのか4−2−1なのかよくわからない布陣です。
きっと応援団は???だったでしょうね。

石巻FCさんから学んだものは「ワンツー」です。
ワンツーを連続してボールを相手ゴール前に運ぶ技術は、ぜひ大野田もものにしたいですね。
大野田は最終ラインの突破にワンツーを使うことはあっても最終ラインからのビルドアップには使えていません。

長いボールを放り込むのではなくワンツーを転がしていくサッカーは体格に恵まれない大野田のひとつの目標といえるかも知れません。

明日も強豪と戦います。
学ぶことがたくさんあります。楽しみです。

古城戦
2017-06-03hurujiro.jpg


石巻戦 トスでエンドをとるキーパーキャプテン

2017-06-03 12.44.38 (2).jpg


オンダーファイ!  円陣の声だけは歴代でも有数の出来。聞いてて気持ちがいい!
2017-06-03 12.45.07 (2).jpg
posted by カンリニン at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果

2011年11月21日

太白区長杯決勝トーナメント

太白区長杯のトーナメント戦は3位でした。
4年生大会以降、大野田は各大会で勝率があがり
先日の3年生大会くまがい杯県大会では優勝できました。

新人大会予選もグループ予選負けなし(引き分けあり)で
代表決定戦進出を逃しました。

低学年から高学年まで勝率が上がってきた背景には
GKとデフェンス陣が安定してきて失点が少なくなって来たこと
そして、ゴールを目指そうとする選手が増えてきたことが
上げられます。

デフェンスでも積極的にワイドに攻め上がってクロスをあげるシーンや
中盤でインターセプトをするシーンが増えてきました。

今年度の立ち上がりは6年生が少ないというスタートでしたが
6年生も伸び、5年生も伸びて来ました。

残るはヒロカップです。
6年生は中学生でのサッカーへの橋渡しとなる大会ですが
8人制サッカーも11人制サッカーもサッカーの基本は同じ。

ボールばかり見ることなく、相手、スペース、味方を見ながら
ゲームを積極的に進めること。
最後まであきらめないこと。

太白区長杯の結果です
>>http://ohnodasoccer.com/?p=136
大野田ファイト!
posted by カンリニン at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果